69.「NISAの注意点」

~非課税期間終了後~ <気になる話題 所得税>

NISAが始まっています。金融機関等で昨年10月頃からアナウンスされ、ニュースでも取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。

簡単にいうとNISAで開設した口座内の投資金額100万円までに関する配当などが非課税になるという制度です。毎年100万円で五年間の合計500万円まで枠取りができるので、値上がりが見込める投資であれば魅力的です。

ただ、一点注意点があります。

非課税期間終了後特定口座等に移管する(移す)場合には、「その時点での時価」が取得価額とみなされるのです。

つまり今年NISAに100万円の投資額を入れてそのまま持ち続け、特定口座に移管する5年後に80万円に時価が下がっていた場合、特定口座に移管する時点での時価80万円で取得したことになるので、当初からの7年後に120万円に上がったからといって売ると、120万円−80万円に対して課税されてしまうのです。実際の取得価額は100万円だったのにNISAで管理しているうちに取得価額が80万円に下がってしまうということになります。

その辺りを考えると、うまくNISAを利用するためには、短期間に値上がりするものにした方が良いということになりそうです。

関連ブログ記事