相続税について

財産の把握と税額の確認までの相談までは無料で受付ています。

「相続対策として保険に入りたい」、「相続対策として不動産を活用したい」等
相続に付随するご相談にもご対応可能。
また、
不動産の名義変更(相続登記)が必要な場合、提携司法書士を紹介出来ます。
不動産の売却をお考えの場合、宅地建物取引業者を紹介出来ます。
相続問題が起こりそうな場合、弁護士を紹介出来ます。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとしての相談も喜んでお引き受け致します。
過去に行った相続税申告(過去5年以内の申告のものに限る)であったとしても、財産評価等の見直しを行い、税務署に対して払い過ぎた相続税の還付申請をすることも可能です。

銀行や弁護士に依頼した場合

信託銀行や法律事務所でも相談は受けていますが、相続税申告業務は税理士にしかできません。
そのため、最終的には会計事務所を紹介されますので、それだけ余分な経費がかかってしまう可能性が高くなります。

無料相談の流れ

無料相談のお問い合わせからご報告までの図 無料相談を申し込む前にご質問がございましたらこちらからどうぞ
無料相談についてのご質問フォームはこちら

相続税について

相続税とは
相続財産の合計額が基礎控除額を超える場合に、超過額に対して課税されるもの(平成27年より基礎控除額が4割減額されました。)
相続開始時期
被相続人(亡くなった方)が亡くなった瞬間から
申告と納税の期限
相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内。
相続税がかかる財産
お金に換算できるもの全て対象
正味の相続財産・3年以内の贈与財産
預貯金や土地家屋、生命保険、株式、同族会社の株式、会社への貸付金等、名義預金等(税務調整での最重要項目です。)
相続税の申告が必要な場合
相続税がゼロであっても申告をしなければならない場合があります。
※ご相談ください。
税額が変化する場合
遺産分割のやり方によって税額が変わってきます。
※ご相談ください。
相続税を申告する場所
被相続人が亡くなった時に住んでいた住所を所轄する税務署に申告書を提出。
申告の方法
相続税の納付金額が確定したら、金融機関等で納税。
期限までに納付完了しないと延滞税が発生します。
遺産分割が期限内に確定しない場合などについては、法定相続分通りに相続税を支払い、正式な遺産分割後に過不足を精算するという方法をとります。
基本的に現金で一度に納付する必要があります。
期限までに手続きをすれば、『延納』『物納』といった特別な方法での納付も可能です。

無料相談についてのご質問

溝端会計事務所 : 0120-77-5933
お名前 必須  
フリガナ 必須  
メールアドレス 必須
メールアドレス(確認) 必須
ご質問内容 必須
お気軽にお問い合わせ下さい ムダな保険料(経費)を削減するには?
お知らせ
年末年始のお知らせ
12月29日(金)~1月4日(木)の7日間、年末年始休暇とさせていただきます。メール・FAXでのお問い合わせは、1月5日(金)より対応させていただきます。ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。
毎月訪問の法人顧問契約・個人事業者顧問契約、分かりやすい決算診断提案書のご提供、ポストにぽん!の帳簿の作成、顧問料・決算料優遇の法人設立支援コース、年末調整のお手伝い、相続・贈与・確定申告のご相談なら…
大阪京橋徒歩1分!
毎月訪問・毎月アドバイスの
溝端会計事務所へ
会社設立のプロ.net 成長中の税理士100