セミナー | INFOMATION

決算書の見方と改正税法対策セミナー

平成23年3月18日(金)於:守口門真商工会議所
  • <タイムテーブル>
  • 第一部 13:30~15:00
  • 決算書の見方
  • (金融機関の支店長は決算書をどうみているか)
1. 決算書は企業活動の通知表
大事なのは「結果」か「トレンド」か?…
2. 損益計算書のポイント
「欠損」企業はすべてダメか?
「黒字企業」ならすべてOKか?
実質的な内部留保と考えられる科目は?…
3. 貸借対照表の ポイント
現金と預金は同じ評価か?
受取債権と支払債務のバランス?
棚卸について?…
4. 資金収支と借入余力
借入総額と返済総額…
講師 : 日本政策金融公庫
守口支店長 冨田 彰 様
第二部 15:00~16:30
改正税法の説明とその対策について
講師 : 溝端会計事務所
代表 溝端 稔
  • 1. 企業関係(法人実効税率5%引下げ他)
  • 2. 個人所得関係(高所得者に負担増)
  • 3. 相続贈与関係(相続税の控除縮小)
  • 4. 消費税関係(免税事業者の要件見直し)
  • 5. 納税環境整備関係(更正の請求期間の延長)
第一部では金融機関がいかに決算書をみているか、そのポイントをお話していただきました。「"売上・原価・販管費"そのものだけではなく"それらの推移"を見ている。悪い方向へ推移しているならその理由と今後どうするつもりなのかを尋ねる」というくだりでは経営者がしっかり自社の状況を把握し、何らかの対策を立てているのかどうかが問われることがよく分かりました。また、減価償却費や社長の役員報酬は経費とは考えない、大きな現金額が計上されているところは怪しい??と考えてしまう、仕入サイトと在庫のバランスのチェック、受取手形のサイトや相手先、金額の細かさ等、2~3年分比較して検討するといったかなり具体的な内容までお話していただいたので、たいへん興味深く充実した内容でした。 第二部では平成23年度の税制改正内容のポイントを相続増税の側面を中心にお話させていただきました。相続税に関しては大きく基礎控除が引き下げられますので、例えば自社株をもっている役員の方は自社株評価をして相続財産価額を把握し、毎年税金のかからない範囲で自社株贈与をしておくなど、一度相続財産をピックアップし、今からできる対策を講じていくべきでしょう。
セミナーの写真

「ネット営業所で売上アップ!!~中小企業は、ネットマーケティングを走らせよう~」

平成22年9月1日(水)於:守口門真商工会議所
  • <タイムテーブル>
  • 第一部 15:00~15:10
所長挨拶
溝端会計事務所 溝端 稔
15:10~17:00
「ネット営業所で売上アップ!!」
講師 : 株式会社 共伸技研
代表取締役 加藤克典様
第二部 17:00~18:30
情報交換会(懇親会)
ネット抜きでの生活はありえないこれからの社会で、"ブランド"とは何か?自社の強み・売りをどう探すか?そしてそれをネット営業にいかに組み込んで好循環(サイクル)を作っていくか?といった内容を、各班でのディスカッションを織り交ぜながらご講演いただきました。ご参加いただいた若い経営者・営業担当者の皆様からは「客観的な目で自社を見つめ直すいい機会になりました!」「HPの重要性が理解できました!」等のご感想をいただきました。
セミナーの写真

「12月末までに実施したい保険対策」

平成21年12月1日 於:溝端会計事務所
  • <タイムテーブル>
  • 第一部 15:30~17:00
緊急セミナー
  • (1)火災保険料率が来年1月1日から改定
  • 約6割の方が大幅値上げ、上がらない方法を教えます
  • (2)贈与税 約2%で子供に資産贈与できる
  • (3)その他
講師 : 保険サービスシステム株式会社
大阪支店 支店長 岩根 剛 様
第二部 17:00~18:00
情報交換会(ビールとおつまみで)
火災保険料率が来年1月1日から改定され、約6割の方が大幅値上げとなるもようです。
ですが、今月12月末までに対策を立てることは可能です!
また、お子様に資産を贈与する時の贈与税の圧縮方法等も合わせてご案内いたしました。

「役員報酬の減額と法人税の繰り戻し還付制度について」

平成21年5月18日 於:溝端会計事務所
  • <タイムテーブル>
  • 第一部 15:30~17:00
  • (1)役員報酬の減額による税務署の考え方
  • (2)法人税の繰戻し還付を受けるには
  • (前期の税金を取り戻すには…)
  • (3)今年の税法改正について
講師:溝端会計事務所 代表 溝端 稔
第二部 17:00~18:00
情報交換会(ビールとおつまみで)
…役員報酬を税務上の損金に算入するには定期同額給与の要件等を満たさないといけません。一方、この未曽有の不況で役員報酬を減額せざるをえない企業がたくさんあります。果たして、減額しても損金に算入できるための要件とは?…
法人税の繰戻し還付制度が復活しました。同制度を活用するメリット・デメリットとは?どの程度税金を取り戻せるのか?…

「経営承継円滑化法と納税猶予」

平成20年12月4日 於:守口門真商工会議所
  • <タイムテーブル>
  • 第一部 14:00~16:00
経営承継サクセスプラン2008
「経営承継円滑化法と納税猶予」
講師:溝端会計事務所 代表 溝端 稔
第二部 16:00~17:00
「経営承継円滑化法における金融支援制度について」
講師:日本政策金融公庫 守口支店
融資第一課長 中島 祐司 様
講師:三菱東京UFJ銀行
TKC事業室調査役 浅見 修一 様
第三部 17:00~18:30
名刺交換会(異業種交流会)兼懇親会
…経営環境激変の現代において、国の政策にもあるように中小企業の「経営承継」が注目されています。中小企業の数が減少し、かつ多くの中小企業において後継者の不在が問題となっています。
そのような現状に対して、平成20年5月に成立した「中小企業円滑化法」とは①遺留分に関する民法の特例②金融支援③相続税の課税の特例、が主な内容です。「後継者が引き継ぎたい良い会社を創る」ためにも社長自身が正確な情報を知り、適切な助言を受け、判断することこそが「失敗しない経営承継」への道筋なのです。
お気軽にお問い合わせ下さい ムダな保険料(経費)を削減するには?
お知らせ
年末年始のお知らせ
12月29日(金)~1月4日(木)の7日間、年末年始休暇とさせていただきます。メール・FAXでのお問い合わせは、1月5日(金)より対応させていただきます。ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。
毎月訪問の法人顧問契約・個人事業者顧問契約、分かりやすい決算診断提案書のご提供、ポストにぽん!の帳簿の作成、顧問料・決算料優遇の法人設立支援コース、年末調整のお手伝い、相続・贈与・確定申告のご相談なら…
大阪京橋徒歩1分!
毎月訪問・毎月アドバイスの
溝端会計事務所へ
会社設立のプロ.net 成長中の税理士100