52.相続放棄しても生命保険は受け取れます!

~……が、!~ <気になる話題 相続税>

被相続人の父(甲)が死亡したことで甲を被保険者とする生命保険金の受取人となっていた相続人である子(A)は、その保険金を受け取れます。もし相続放棄をして相続人でなくなったとしても、その保険金を受け取れます。そしてどちらも保険金は「みなし取得財産」として相続税の課税対象となります。

ただ、放棄をした人かどうかによってその後の処理が違ってきます!

生命保険金については非課税枠があり、「500万円×法定相続人の数」が相続税の非課税となります。上記の例でいえば、法定相続人がAだけであったとしても500万円までは非課税の可能性があるのです。

しかし、生命保険金の非課税は相続人にのみ適用されるものなので相続放棄をした人には適用がありません。そうすると、相続放棄をしてしまった結果500万円の非課税を使えなくなるのです。つまり「相続放棄をしても生命保険金は受け取れますよ」というのは正しいですが「非課税が使えなくなりますよ」もセットの話なのです。

税金の話は、一面から見ると得するかのように思えるけれど、トータルで考えると得ではない、ことも少なくありません。安易な噂話には要注意です。

関連ブログ記事