48.「相続税の試算サービス」

~概算でも~ <気になる話題 相続税>

溝端会計事務所には相続税の試算サービスがあります。簡易な試算プランと、財産評価をする本格的なプランがります。

相続税は何といってもまず財産の確定です。その財産の価額をもとにして、法定相続人の人数に応じて相続税を計算します。この時の法定相続人はたとえ相続放棄をしたとしても、相続放棄がなかったものとして計算することになっていますので、現段階で判明している相続人の聞き取りをして、計算させていただきます。

この相続財産ですが、今の段階でいくらの財産があるか分からない、というお客様は結構いらっしゃいます。

そういった方こそ、この機会にある程度財産の把握をされておくべきだと思います。

全く相続税はかからないと思っていたら、財産だと思っていなかった自社株式が大きな評価額になっていて、たとえ相続税がかからないギリギリのラインだと予想される場合であっても、今のうちに何らかの対策をしておいた方がよい、ということはよくあります。

また、財産がないから揉めない、と言われる方もよくいらっしゃいます。残念ながら、揉めることは大いにありえます。金銭で分けることのできない財産しかなかった場合や、本当にその財産が故人の全てなのか?といった疑義が生じると、まとまるはずの遺産分割協議もまとまらず、そのまま財産(名義)が放置される、といった事態も生じます。

このような揉めごとの芽を少しでも摘んでおくためにも、相続税の試算をしておくことは大きな意味があります。

もちろん、顧問先様でなくても承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連ブログ記事