37.「確申も折り返し地点」

~青色申告の届出~ <気になる話題 所得税>

確申も折り返し地点にきました。
すでに、申告を、終えた個人事業者の方いかがでしたか?

納得のいく納税額でしたでしょうか。

証拠資料の整理や申告で迷われることはなかったでしょうか。

以前も書きましたが、今後白色申告でも記帳義務・記録保存義務が課されるので、(それならば)できるだけ青色申告をオススメします!売上高1000万ぐらいが一つの目安でしょう。

http://www.mmc-mizobata.com/blog/audits/20130215_829.html

このぐらいの売り上げなら税務調査に来られたって大したことないだろう、と甘くみているととんでもないことになりかねません。数年遡られると痛手は大きいです。帳簿や記録がないと、生活費を想定してそこから逆算した所得で税金が計算されたりしますので、実際より大きい税額になることもあります。

http://www.mmc-mizobata.com/information/topic.html#q01
やはり、現金預金を合わせ、領収書や資料を残し、面倒でも帳簿をつけていると結果は全く違ってきます。
今年(H25年分)から青色申告にされたい方は315日までに所定の申請をする必要があります(http://www.mmc-mizobata.com/blog/topics/20121225_763.html

 会計事務所にかかられたことがない方は、顧問料はいくらぐらいなのか?などいろいろなご想像をされるかと思います。最終の納税を見据えた会計処理のみならず、借り入れのご相談や、給与計算、社会保険関係の話など、経営に関係する話題全般について、溝端会計事務所はいつでも気軽に相談できる会計事務所です。

 迷っておられるなら、是非ご一報ください!

お尋ね事項を丁寧にご説明させていただきます。

 

関連ブログ記事