29.「みなし取得財産」

~生命保険金を例に~ <気になる話題 相続税>

相続税の課税対象となる相続財産の中にはみなし取得財産というものがあります。

 生命保険金や退職手当金などです。

これらのみなし取得財産には一定の非課税金額も認められています。

 生命保険金を例に書いてみます。

 被相続人が亡くなったことで生命保険金を受け取ることがあります。

このような生命保険金が何本もあれば全て相続税の課税財産に加算されていきます。被相続人が保険料の全額を負担していれば、受け取った生命保険金の全額がみなし取得財産として相続税の課税財産に計上されます。もし、その受取人と被相続人とで保険料を半分ずつ出し合っていたような場合であれば、その生命保険金の半分だけが計上されるということになります。

 次にその合計された生命保険金額から、非課税金額を差し引くことができます。

現状では、「500万円×法定相続人の人数」が非課税とされています。この非課税の枠内の生命保険金であれば、差し引き0となる訳です。

 

ではこの枠内を超えていたらどうなるでしょうか。

 例えば法定相続人がAさんとBさんの2人の場合で、生命保険金の受取額が1,500万円だとすると、非課税金額は1,000万円なので残り500万円が課税対象にされることになります。この時、Aさんの受け取った保険金が750万円でBさんの受け取った保険金も750万円だとすると、非課税限度額である1,000万円を案分して、500万円ずつに非課税金額を割り振ってその残りの金額、つまり250万円ずつをそれぞれの課税財産にプラスすることになります。

 文章にするとややこしいですが、結構単純な話です。

 ここで一点。

 実はこの非課税対象は「相続人」とされています。

つまり相続放棄をした人は含まれません。相続放棄をすると、相続財産の権利義務を承継しないのですが、生命保険金の受取人にはなれるので、生命保険金というみなし取得財産が発生するにも拘わらず、相続放棄をしたことで、生命保険金の非課税という特典が使えないことになるのです。

 生命保険金が多額だと影響が大きいので、要注意ですね。

関連ブログ記事