6.「事業計画書」

~作ってますか?~ <勝手な感想 感想>

事業計画書作ってますか?

「事業計画書」と書くとなんだか難しそうに感じますが、要は今期の状況を踏まえた来期以降の目標設定書です。

難しくはありません。

どこから手をつけてよいか分からない方は、まず出来そうなところからやってみましょう。売上、仕入、一般経費、利益や原価率など。。

最初は決算書(試算表)の大枠での目標設定をするだけでも迷ったり、よく分からないことが出てくると思います。

そういう時こそ毎月訪問する溝端会計事務所に聞いて下さい。少しずつ疑問点を解消していけば決算書(試算表)の中身の理解度も上がってくるはずです。そうすると自然と経理のスキルアップができます。同時に税務的な質問を一つ二つ投げかけていただければ、税務のスキルアップもできてしまいます。(実際、事業計画をしっかりと作成されているお客様からのご質問の内容はどんどん深まってきています。)

ただし、大切なことは現状や過去の状況を踏まえて計画を立てる、ということです。やみくもな計画では意味がありません。

そうなると、やはり過去の決算書を理解できていることが前提となりますので、その辺りからもいろいろと質問したいことが出てくると思います。

事業計画をあまり作ったことがないという方、一度自分なりに作ってみませんか?

関連ブログ記事