31.「駐車場と消費税」

~一筋縄ではいかない~ <○○な話(法人) 豆知識>

駐車場として一定の駐車スペースを貸している場合、その駐車場代には消費税がかかる場合とかからない場合があります。

アスファルトなどで舗装し、区画整理してキチッと貸す場合には消費税が課税されます。駐車している車両の管理を行っている場合にも消費税の課税対象です。これに対し、舗装もせず空き地に車を置かせてあげている程度の場合の駐車代は消費税の非課税です。土地の貸し付けは消費税の非課税であって、後者の貸し付けはその「単なる土地の貸し付け」と扱われるからです。

ただ、単なる土地の貸し付けでも一ヶ月未満の一時貸し付けなら消費税の課税対象とされています。また、建物などの施設の利用に付随した土地の貸し付けでも消費税の課税対象になるとされています。

他にも駐車場と消費税の関係についてはいろいろと条件によって変わってきます。

住宅の貸付けも非課税とされていますが、マンションなどの住宅の貸付けに伴う駐車場の貸付けについても、車両の所有の有無にかかわらす駐車スペースが割り当てられていて、家賃とは別に駐車場代を受け取っていないような場合であれば、駐車場代に当たる部分も非課税とされています。逆に言うと、それ以外の態様での駐車場代は課税の可能性があります。

消費税は身近な税金であるにもかかわらず、その課税区分はいろいろと複雑です。

関連ブログ記事