24.「圧縮記帳」

~得?損?~ <○○な話(法人) 減価償却>

圧縮記帳ということばを聞かれたことはあるでしょうか?

資産を購入した際に補助金をもらったというような場合に、その補助金額を「圧縮損」として経費にする処理方法です。

例えば、車を購入した際、エコカー補助金という制度で10万円ぐらい戻ってくることがありますが、このような場合に圧縮記帳をすることができます。

まず、車を100万円で購入して補助金申請をし、その後10万円が戻ってくると、そのエコカー補助金分は雑収入として税金の対象になります。

この時、 圧縮損10万円/車両10万円  と仕訳を切ることで、経費(損金)に10万円が計上できるので、補助金分に関しての税金はプラスマイナスゼロにできるのです。

しかし、これは減税、という話ではありません。税金(課税)の繰り延べにすぎないのです。

そもそも車という資産を100万円で購入しただけであれば、100万円を取得価額としてその金額を基準に減価償却していきます。単純に5年定額なら20万円ずつという費用が(5年間)計上されていくことになります。

では、先の圧縮記帳を使うとどうなるでしょうか?

圧縮損という勘定科目と同時に車両10万円という勘定科目がでていましたね。これは車両の取得価額を10万円減らすという意味を持っています。

つまり、車両の減価償却の基準となる取得価額が100万円-10万円=90万円 となった結果、5年定額で償却するとしても、毎年18万円ずつしか費用にならないことになります。

そうです、圧縮記帳は10万円分だけ先に費用(損金)に計上できるという意味にすぎないのであって、その10万円分に対応する税金を減価償却期間に割り振る形で後ろにずらして支払っているだけなのです。

税金の支払いを遅らせるという意味はありますが、決して減税されている訳ではないのです。

このように、一見税金を減らして得をしているかのように感じる処理でも、トータルで考えると同じ、というパターンはよくあります。

関連ブログ記事