12.「会計割引の変更の公表」

~信用保証協会の割引率~ <ホットな話題(法人) 借入れ>

このたび、中小企業庁から「中小会計要領」に従った会計処理をしている法人への信用保証料率0.1%割引制度を開始するとの発表がありました。昨年2月に「中小会計要領」ができましたが、信用保証協会経由で借入をする際の信用保証料率の割引きの対象になっているのは「中小指針」でした。

ところが今回、上記のように「中小会計要領」による会計処理に対しての割引きを平成25年から3年間行うということになったようです(平成28年3月末までの申し込み分まで)。

一方、従来会計割引の対象であった「中小指針」については、平成25年3月末までの申し込み分までで打ち切りになるそうです。

この点には注意が必要です。

そもそも融資の際の会計割引も念頭において「会計指針」に従った会計処理をしていたのにもかかわらず、平成25年4月以降に融資を申し込むと、割引きが効かないようです。

もう少しすると詳しい状況もわかると思いますが、「中小指針」に従った会計処理をしていた法人さんで、近々融資の申し込みを考えている方は注意が必要ですね。

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2013/0128Waribiki.htm

関連ブログ記事