11.「経営革新等支援機関」

~認定されました!~ <ホットな話題(法人) 借入れ>

このたび、当事務所所長 溝端稔が、経営革新等支援機関認定制度に基づく経営革新等支援機関の認定を受けました。

これは昨年(H24年)8月30日に施行された「中小企業経営力強化支援法」に基づき、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されたことによるものです。ここで認定された支援機関は公的な支援機関として位置付けられています。

この認定制度は「税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を、経営革新等支援機関として認定することにより、中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するもの」です(中小企業庁HPより)。

つまり、企業に密着したきめ細やかな経営相談を受けることはもちろん、財務状況・財務内容・経営状況に関する調査・分析を行って事業計画書の作成のお手伝いをしたり、計算書類の信頼性を向上させることによって資金調達力を強化したり、といったお手伝いができる機関です!と認定していただいたことになります。

そもそも会計事務所は、お客様の財務内容を中心に経営内容を把握しうる立場にあるので、経営相談に一番適した機関です。

毎月監査でお伺いすれば、いつも何かしらのご相談を受けています。

財務内容以外にも、社会保険の処理や社員さんの給料・賞与・退職処理等のご相談、個人的に住宅を購入されたというご相談を受けたり、最近の世間の状況のお話や売上が伸びている会社の視点のお話、相続対策のお話など気になる話題のお話をさせていただいたり、時期に応じて税制改正とその対策などの情報提供をしたりといった、非常に広い範囲のご相談を受けています。

まだ会計事務所とお付き合いのないお客様、一度、溝端会計事務所にご相談ください!

関連ブログ記事