28.「何とかできる方法はないか」

~株式会社 樋口プレシジョン様~ <毎月監査の話 感想>

株式会社 樋口プレシジョン様はプラスチック金型向けの電鋳マスターや放電マスターの製造からスタートした会社様です。

現在、プラスチック射出成型金型の設計・製作を中心に事業を展開されています。とりわけ、3次元の形状加工は「仕上がりがきれい」と高い評価を受けています。携帯電話やデジタルカメラ等に使われる透明樹脂製品など、小さな傷を嫌うデリケートな製品の金型製作は得意とするところです。

近時は、従来の寸法精度・表面仕上げの精度をキープした上での厳しい納期、厳しいコスト要求が多いのですが「何とかできる方法はないか」という視点をスタートにお客様の要求に応え続けておられます。

監査にお伺いした際には会社の現状や方針について会計・税務を中心として話をするのですが、幅広い人脈をもつ樋口社長からはその話から発展したさまざまな興味深い話を聞くことができます。

昨年(2012年)は「大阪ものづくり優良企業賞」も受賞されました。

樋口社長は「プラスチックはもちろん、それ以外にも削れるものなら何でもご相談ください!」といった積極姿勢で「日本の企業だからこそできる質の高い仕事をしたい」と気合十分です!

株式会社 樋口プレシジョン様をよろしくお願いいたします。

関連ブログ記事