25.「消費税、減価償却費の概算計上」

~毎月の試算をより正確に~ <毎月監査の話 減価償却>

消費税の概算計上、減価償却費の概算計上はされているでしょうか。

毎月監査、毎月訪問の溝端会計事務所では必要に応じて消費税の概算計上、減価償却費の概算計上をしています。

毎月、売上げや経費を計上し損益を出しますが、そこにその月の消費税額を概算で計算して消費税引当金という形で仮に計上します。消費税の課税事業者の場合、その月ごとに納付すべき消費税を経費として組み込むことでその月(単月)の損益(成績)がより実態に近くなります。

同様に、期末に一括で計上する減価償却費も12か月で均等に割り振ってその月(単月)の損益(成績)の正確性を上げることができるのです。

他にも、半年ごとに賞与を渡すことを前提に、毎月に予定賞与概算額を割り振ることで、賞与支払い月に大きく損益が変わらないようにされているお客様もおられます。

毎月の試算表に興味をもっていただいて、そこに現れる数字を基に次の行動指針につなげておられるお客様はこのような処理を望まれますので、溝端会計事務所ではアドバイスともにお手伝いさせていただいています。

関連ブログ記事